ホーム会社概要 ≫ 会社沿革
1992年08月 経営及び事業の立直しと新規事業の立上げ及びプロデュースを目的としたコンサルティング企業・(有)リフレインを設立。
主に排水・生ゴミ処理剤である木質細片(おが屑)製造メーカー・「三水工業(株)(茨城)」の業務改善指導及び他社との営業交渉窓口として下記の業務を遂行。
(1)1993年2月・三洋電機(株)と技術提携契約締結
(生ゴミ処理分野において)
(2)1993年6月・松下電工(株)と技術提携契約締結。
(生ゴミ処理分野において)
(3)1994年3月・住友石炭鉱業(株)と販売提携契約締結。1994年3月・住友石炭鉱業(株)と販売提携契約締結。
(国内総販売元契約)
1994年04月 三水工業(株)(茨城)より営業譲渡を受け、販売部門として三水工業(株)(名古屋)に商号変更、資本金1,000万円にて本格的に活動開始。
同時に代表取締役である宮川が、総販売元である住友石炭鉱業(株)の営業本部顧問に就任。(1996年8月まで)
1995年12月 アメリカ次世代携帯電話・PCS事業に参画。
PCS電波帯域商業使用権取得のため、MASA TELECOM INC,USA.設立参画。(代表者・Brion.R.Sasaki氏)
1996年09月 情報処理及び通信分野への事業参入を目的に、(株)スタックスへ商号変更。
業界の歴史や現状の体制・体質、今後の市場性等のマーケティングリサーチを開始。(1997年2月まで)
1997年03月 中小・零細のソフトウェア開発会社及びSOHOソフトウェア技術者(個人)に対する開発案件の適正配分と共済組合的活動を目的とした「情報処理ネットワーク協会」を、(財)日本データ通信協会本部内(東京・田端)に設立。

同時に、(株)スタックス東京オフィスを開設。

本格的に情報処理及び通信分野、主に情報通信システム構築に関するコンサルテーション及びシステムインテグレーション事業へ参入、活動開始。

1997年05月 PCS共同事業者から出資を受け、資本金を4,500万円に増資。(資本準備金2,500万円)
1998年08月

(株)スタックス東京オフィス及び情報処理ネットワーク協会を東日暮里5丁目に移転。

2002年02月 業容充実と拡大に伴い東京オフィスを港区芝大門2丁目に移転。
2007年06月 更なる業務拡大に伴い東京オフィスを港区浜松町1丁目に移転。
2009年10月 業務合理化のため事務処理拠点を東京に移し、
名古屋本社を天白区八事天道に移転。
2009年11月 ダイカンサービス(株)、(株)ダイカンセントラル企画と経営統合しグループ会社化。
2011年06月 業務合理化に伴い東京オフィスを浜松町2丁目に移転。
2011年08月 業務合理化に伴い会社名称を『株式会社ダイカン』に変更し、名古屋本社を東京オフィスへ統合。
ホーム会社概要商品・サービス採用情報お問い合わせ個人情報保護方針